スポンサードリンク

【飲み過ぎる原因】禁酒を成功させるには【方法と効果】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はお酒をつい飲み過ぎてしまう理由をひとつずつ見ていきたいと思います。

ストレス解消

スポンサードリンク

ドーパミンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「幸せな気持ちになる」「快感を得る」という機能に関わる物質なのですが、これはアルコールによっても分泌が促進されます。

日常生活において辛いことがあったりストレスを感じても、

お酒を飲むことによってドーパミンが分泌されその苦しい感情から解放されるため、

ついお酒を飲みすぎてしまうという方もいます。

おつまみによる飲酒の促進

皆さんもお酒を飲む時はおつまみがあることが多いのでは。

お酒を飲む際には塩辛いものを中心におつまみを食べたくなります。

そしておつまみを食べているとお酒を飲みたくなり、そしてお酒を飲んでいるうちにおつまみを食べてしまい…と、

際限なく飲んでしまいます。

習慣化によるアルコール耐性

お酒を何度も飲み続けることでアルコール耐性が高まり酔いにくくなる場合があります。

そして酔いにくくなるということは酔うまでに必要なお酒の量が増加するということでもあります。

お酒を飲む量や機会が多い方はこうしたお酒の増え方をする事もあるわけです。

禁酒を成功させるには

さて、では禁酒を成功させるにはどういった方法が有効なのか見ていきましょう。

ストレスの根源を解決する

運動をすることにより爽快感を得ることができ、ストレスの解消につながります。

また寝付けない夜にお酒に飲んでしまうという方も、運動により身体を疲労させることでお酒に頼ることなく入眠することができます。

目標を現実的に

お酒を飲むことを習慣化している方がいきなり「お酒を飲むのをやめる」ことを目標にしても継続することが難しい場合もあります。

したがって「週2日の休肝日を作る」「1日おきに飲む」など、続けやすい現実的な目標を設定しておくといいでしょう。

今回の記事はこの辺りで締めたいと思います。

それではまた次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました