【風習や人形】ひな祭りの起源や由来、目的とは

季節・行事

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はひな祭りについて。

ひな祭り

スポンサードリンク

そもそもひな祭りとは何の日なのか。

これに関しては起源がいくつかあるとされていますが、

平安時代の京都にて、平安貴族の子女が「御所を象った屋形を飾り遊んでいた」という記録があります。これがひな祭りの原点。

つまりひな祭りは最初は「儀式ではなく遊びだった」ということになりますね。

ひな祭りは時として「ひな遊び」と呼称されることもありますが、こうした起源に基づいているのでしょう。

また一方で、これまた平安時代には紙で作った人形を川へ流し厄を払う「上巳の節句」という行事がありました。

ここで流される人形は「流し雛」と呼ばれており、皆さんもご存知の「雛人形」の元となるものです。

そもそも「上巳の節句」は女の子のための日、というものではなく

男女関係なく厄払いが行われる行事でした。

平安時代から時は流れ江戸時代、幕府は日程が定まっていなかった上巳の節句を3月3日に定め、

またひな人形を用いる事から「女の子の人形遊び」と「節句の儀式」が結びつき、

「雛人形を扱う上巳の節句は女の子の日」となっていったのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました