【頰や鼻】ニキビの原因と種類【膿や芯】

医療・健康知識

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はニキビについて。

そもそもニキビとは

スポンサードリンク

今回のテーマはニキビです。

皆さんも悩まれた経験があるのではないでしょうか。

私も思春期の頃は悩み倒しました。ニキビが凄すぎて銀河系みたいになっていましたからね。ギャラクシーな皮膚でした。

それはさておきいわゆるニキビとは、毛穴やその周囲に生じる炎症を指します。

ニキビが出来る場所は脱線性毛包(皮脂を分泌する皮脂線が発達したもの)と呼ばれる部分であり、これは顔や背中、胸などが該当します。

これらの毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌が増殖し炎症に至った結果ニキビが生まれてしまう、というもの。

では具体的な原因についてみていきましょう。

皮脂の過剰分泌

若年層のニキビの原因の多くは皮脂が過剰に分泌することが影響します。

この量には遺伝や体質などが関わっているのですが、10代など若い年齢層は分泌量が特に多いためにニキビが出来やすくなるのです。

角層が厚くなる

さて先ほど説明しました皮脂の過剰分泌ですが、これが実際に生じると角質層が厚くなっていきます。

しかし若い頃に比べて皮脂が少なくなった大人の今でもニキビが出来てしまう、という方もおられるのでは。

これは乾燥や擦れ等の刺激、洗いすぎなどが原因として挙げられます。

これらによって角層が厚くなることで毛穴の入り口が詰まってしまう、というわけです。

ニキビの種類

ニキビには大まかに白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4種に分けられます。

ではニキビの段階に沿って見ていきましょう。

白ニキビ&黒ニキビ

毛穴が詰まることでニキビが生まれていくのでした。

上述した原因によって毛穴の入り口の角質層が厚くなって毛穴が塞がるのでしたね。

そのに皮脂が溜まり、白く盛り上がった状態に変化します。

これが白ニキビと呼ばれるもの。

更に毛穴の入り口部分の皮脂が空気に触れることで酸化、黒くなっている状態が黒ニキビと呼ばれる状態に変化します。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました