スポンサードリンク

【隠蔽?】高崎の女子小学生バレーボール体罰問題まとめ【口止め誓約書】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は小学生バレーボールにおける体罰問題について。

体罰と隠蔽

スポンサードリンク

大分県日出町の小学生女子バレーボールチームで発覚した、男性監督による体罰問題。

しかし問題は「体罰」だけに留まりませんでした。

監督が女児を平手打ちしたにもかかわらず、県小学生バレーボール連盟は被害女児やその保護者に聴取せずに「体罰なし」と認定、

さらに一部の保護者が体罰の事実を外部に漏らさないよう保護者全員に誓約書への署名を迫っていた、というのです。

関係者によると、誓約書への署名が求められたのは連盟に被害が訴えられた後の7月16日。

保護者会は町内の公民館で開かれ、チームに所属する女児の保護者や、OGの保護者ら約40人が集まりました。

保護者会では、連盟に報告したのが誰か追及された後、男性保護者が「指導者の批判はしない」「チーム内で起きたことを公言しない」「指導者、保護者らの行為について関係協会や団体に訴えない」などを約束する誓約書を配り、集まった保護者全員に署名を迫ったということです。

また関係者によると、誓約書の存在は監督には伝えずに一部の保護者が独自に作成したものであり、

誓約が守られていないと保護者会の半数以上が判断した場合は、子供を退部させることを受け入れ、異議を述べないなどとしたということです。

ネット上の反応

Twitter / ?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました