スポンサードリンク

【関西電力:記者会見内容】収賄?総額3億円 経営幹部ら20人が受け取り【関電社長ら高浜町元助役】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は関西電力の金品受け取り問題について。

関西電力

金品の受け取り

スポンサードリンク

関西電力の会長や社長など経営幹部が関西電力の原子力発電所がある福井県高浜町の元助役から、合わせておよそ1億8000万円の資金を一時受け取り、税務当局からの指摘を受けて所得税の修正申告をしていたことを会社が明らかにしました。

同社は9月27日に緊急記者会見を開き、岩根茂樹社長は

「関係者に多大な心配やご迷惑をおかけし、お騒がせしたことに対し深くおわび申し上げる」

「すでに返却しているものの、コンプライアンス上、疑義を持たれかねないものと考えており、厳粛に受け止めております」

と謝罪しています。

記者会見の内容まとめ

金品を受け取った件について

会長や社長を含む経営幹部や社員20人が一昨年までの7年間に外部の1人から総額およそ3億2000万円ほどの物品を受け取っていたことが明らかになりました。

岩根茂樹社長は元助役から受け取った金品について、関西電力が発注した工事の資金が還流したという認識があるか問われると「そうした認識はない」と答え、

「社長就任のお祝いという形でお会いして、最後に手荷物をいただいた。金品があるという認識はなかった。せっかくのことなので受け取ったが、あとで見ると非常に高額なもので、これは受け取れないと返すすべを考えていた」

と説明しています。



スポンサードリンク

見返りは

「社内調査の結果、金品の見返りとなるような対価的な行為はなく、提供した人物に関係する企業への発注のプロセスや金額についても社内ルールに基づき適切に実施されていることを確認した」

と説明しています。

金品の返還は

「役員社員の一部が常識の範囲を超える金品について受け取りを拒んだり、返却を申し出たりしたが、強く拒絶されたため、一時的に保管した」

「地元の有力者で、さまざまにお世話になっている。金品の返還を申し出たが、厳しい態度で拒まれた。関係悪化をおそれ、返せなかった」

と述べています。

受け渡しについて

「社内調査の結果、個人口座に振り込まれたケースはなかった。直接、受け渡しが行われていた」と説明しています。

発表について

「一時的に個人で保管していたもので、社内調査でも相手への見返りはなく、工事の発注プロセスなどに問題はなかった。不適切だったが、違法ではないため、社内で公表しないことを決めた」と説明しています。



スポンサードリンク

Twitter上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました