スポンサードリンク

【遺伝/治療/症状】網膜色素変性症とは【#網膜色素変性症】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は網膜色素変性症について。

網膜色素変性症

スポンサードリンク

今回は網膜色素変性症について。

あまり聞く機会のない疾患名ですが、出来るだけわかりやすく解説していきます。

網膜色素変性症とは、遺伝子のキズが原因となり、光を感じる組織である網膜(内の視細胞)に障害をきたしてしまう遺伝性・進行性の病気のことです。

網膜は目に入ってきた光を神経の信号に変えるように働き、

そしてこの信号は視神経から脳へ伝達されることで我々は光を感じることができているのですが、

網膜色素変性症では網膜の中にある視細胞が障害・徐々に減少していきます。

視細胞は光に反応して光刺激を電気信号に変える一番最初の働きを担当しているのですが、

その中の杆体(暗い所での物の見え方や視野の広さに関係した働きを行う)が障害されるために、

暗いところで物が見えにくくなったり(夜盲)、

視野が狭くなるといった症状が現れ(視野狭窄)、

病気の進行とともに錐体(中心の視力や色覚などに関係している)が障害され視力が低下していきます。

特に視界の端が見えにくくなり、落としたものを見落としやすくなったり、

あるいは軽い段差に気づかず転倒してしまったりと、

転倒などのトラブルの原因にもなります。

ただし錐体がはじめに障害され、その後杆体が障害されるケースも見られています。

人口割合と原因

さて続いては網膜色素変性症の人口割合とその原因についてもみていきます。

網膜色素変性症は人口約5000人に1人の割合で患者さんがいるとされています(現在は3万人〜4万人程度)。

この病気は視細胞または視細胞に密着している網膜色素上皮細胞に働いている遺伝子の異常によって起こるとされていますが、

明らかに原因となる遺伝子がわかっているのは網膜色素変性症の患者さん全体の一部であり、

その他の患者さんの場合はいまだ原因が明らかになっていません。

なぜ異常になるのかが判明していない一方で、遺伝性の疾患ではあるものの必ずしも遺伝するわけではありません(遺伝性と判断されている患者は全体の50%程度)。



スポンサードリンク

治療

現時点では根本的な治療法は確認されていません。

対症的な治療法としては、治療用サングラスの使用、ビタミンAやその仲間の内服、循環改善薬による治療、

低視力者用に開発された各種補助器具の使用などが挙げられます。

実用化に時間がかかるものの、ips細胞や人工網膜等により視力回復を図ることもできるようになるかもしれません。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました