スポンサードリンク

【選手・指導者としての活躍】大麻取締法違反の疑いでスノーボード元日本代表の国母和宏容疑者が逮捕&反応まとめ【反省してまーす】

スポンサードリンク

国母和弘氏

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は国母和宏氏が逮捕された件について。

国母和宏氏が逮捕

スポンサードリンク

バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者が、

厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

2018年にアメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸した疑いです。

選手時代の活躍

日本のスノーボード選手及び指導者です。

選手としてはワールドカップ優勝、世界選手権2位入賞、アジア競技大会優勝、ユニバーシアード優勝、NZオープン優勝、2010バンクーバー五輪8位入賞など、

華々しい活躍が目立ちます。



スポンサードリンク

またバンクーバー五輪に選抜された際、國母氏はスノーボーダーとしての着こなしや謝罪会見での不用意な発言などから強いバッシングや批判報道を受けた出来事は、

皆さんも記憶に残っている出来事ではないでしょうか。

指導者としての活躍

また選手時代に培った技術力や人格面、国際舞台での経験などからコーチとしてもその力を発揮、

ソチ五輪での平野選手の銀メダル獲得と平岡選手の銅メダル獲得に貢献しています。

国母氏の指導者としての手腕を、全日本スキー連盟の萩原文和スノーボード部長は

「技術面での貢献や、新技についての情報も早い」と評価しています。



スポンサードリンク

ネット上の反応

今回の件を受け、ネット上では様々な反応があがっています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました