【遠慮のかたまり?】「関西人が標準語だと思っている関西弁」まとめ

知って得する知識・雑学

イキる、いちびる

【意味】調子にのる

はい、いずれも「調子にのる」という事を意味します。

スポンサードリンク

例文としては

「イキんなや」

「最近イキっとるわアイツ」

「好きな子の前やからイキり倒しとるな」

等。

意味が意味ですので、「イキる」という言葉を用いた文章は大体乱暴な物言いになってしまいます

私もよく「クソイキり野郎やな」と言いそうになさて次の言葉へ行きましょう。

いっちょかみ

【意味】何にでも口を挟む

はい、この人生で一度も使ったことはありませんが何にでも口を挟む事を「いっちょかみ」と言います。

「あそこの奥さんはいっちょかみするからねえ」

というような使い方になります。

えずく

【意味】吐き気を催す

ここは意外と思われる方もおられるのではないでしょうか、「えずく」は関西発祥の言葉です。

これに関しては地域の垣根を超えて使いやすい言葉ですので皆様も是非どうぞ。

ほたえる

【意味】あばれる

文字数も変わらないし「暴れる」って言えば良いのでは

主に「暴れる」事を意味する「ほたえる」という言葉。

「あばれるくん」が関西出身だと「ほたえるくん」になっていた可能性があるわけですね。

何者だよほたえるくん

行きしな

【意味】行きがけ、行く途中

これまで紹介してきた言葉の中でもよく使うのがこの「行きしな」という言葉。

行く途中、行きがけを意味しており、

A「行きしなに○○君に会ったわ」

B「ほんま?アイツいっちょかみしてなかった?」

という使い方になります。

おい「いっちょかみ」をねじ込むな

さぶいぼ

【意味】鳥肌

関西以外の方でも聞いたことはあるでしょうか、

鳥肌を意味する「さぶいぼ」という言葉。

「鳥肌立った」と聞くと「おお…どうしたんだ?なにか凄いことがあったのかな?」という反応になりますが

「さぶいぼ出たわ」と聞くと「おう、そうかそうか 暖かくして寝ろよ」という反応になってしまいます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました