スポンサードリンク

【遊戯王】神スライム、OCG化!マリクイシュタール&闇マリクの全対戦を振り返る【弱い?ありえない?顔芸?】

スポンサードリンク

さてエキシビジョンマッチでは舞の敵討ちをしたい城之内の思惑により最初に敗北することになったマリクちゃん。

「城之内、お前は闇行き決定だ…」と捨て台詞を言い残しながらゴンドラと共に上昇していくマリクさんには我々視聴者も恐れおののくばかり。

スポンサードリンク

このデュエルはあくまで準決勝以降のトーナメントを決めるというものでしかなく、本気で取り組む意義の薄いデュエルであるとはいえ、

他のプレイヤーは勝敗を操作し自身の想定していた対戦の組み合わせを実現したのに対し、

マリクちゃんは普通にデュエルして普通に一杯食わされて負けていったため

頭脳戦、心理戦はそこまで得意ではないのかもしれません。

vs 城之内

【戦績】3勝1敗1お留守番

さあそしてマリクさんを一躍時の人にしたvs 城之内戦。

恒例の闇のゲームを仕掛け、モンスターが受けた苦痛を互いに受けあうというドM展開を始めます。

城之内に痛みを与えても喜び、自身が痛みを受けても喜ぶという性癖全開のデュエルにただただドン引きするオーディエンス。

しかし城之内も負けていません。

お得意のギャンブルカードやかつて戦ってきたライバルから譲り受けたカードを駆使し、マリクに食らいつきます。

神のカード、ラーの翼神竜の攻撃をしのぎ、いよいよ次のターンで間違いなく勝てる…という勝ち確の状況を作り出すことに成功。

自分が闇のゲームで城之内ごときに負けてしまうことを理解したマリクは「あ…ありえないぃ…」と岡山駅前に置いてある噴水のように顔全体から汗を流し始めます。

しかし闇のゲームで精神が削られきった城之内は攻撃宣言を完了すれば勝てるというところで燃え尽きてしまい、城之内死す

純粋なデュエルであれば完全に負けているところでしたが、闇のゲームに救われたマリクさん。

しかし勝ったマリクさんもそのプレッシャーからリバースカードをオープン(※隠語)しかけるなど、

この辺りで既に何事にも動じない圧倒的強者という位置付けではなくなっていることがわかります。


スポンサードリンク

vs 遊戯

【戦績】3勝2敗1お留守番

さあここまで頑張って戦ってきたマリクさんですがその努力も実りいよいよ決勝戦。

対戦前に入念に相手のデッキをシャッフルしてくれます。

さてこの対戦に至るまでにあらゆる人間に喧嘩を売ってきたが故、

決勝戦ではその場にいるほぼ全員が遊戯を応援するという凄まじいアウェー環境で戦うことになってしまいます。

いつ中東の笛が鳴らされてもおかしくありません。

頑張れマリクさん。

しかしそこはマリクさんも実力者、デュエルでダメージを受ければ受けるほど互いの主人格にもダメージが及ぶという

決勝戦にふさわしいドMルールを展開します。

やがてデュエルで闇遊戯を追い詰めていくのですが、ここで囚われの身だった表マリクが覚醒。

なんと表マリクがデュエルの場に、闇マリクが囚われの身に、とポジションが逆転してしまいます。

まずいぞ闇マリクさん。

サレンダーを決行しようとする表マリクに全力で命乞いをする闇マリクさんですがその願いもむなしく、

闇にのみこまれてしまうことになってしまうのでした。

最終戦績は3勝2敗1お留守番。

対戦内容のほとんどが「ラーの翼神竜の効果を他の人が知らないことによる情報アドバンテージ」と「闇のゲームによる番外戦術」の2点に頼ったものであるため、

普通にデュエルしていたらそこまで強くないのでは?と思ってしまうのもやむを得ないかもしれません。

しかしこれだけでマリクさんの実力を判断するのは早計。

あくまでこれまで見てきたマリクさんは闇マリクの方。

表マリクの対戦も振り返れば「マリク」の真の実力が明らかにされるに違いない。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました