スポンサードリンク

【遊戯王】マリクイシュタール&闇マリクの全対戦を振り返る【弱い?ありえない?顔芸?】

スポンサードリンク

当然そんな文字を読めるはずのない舞さんはラーを使用することができず、

古代神官文字を読むことができるマリクがラーのコントロールを取り戻し勝利。

スポンサードリンク

もちろん古代神官文字を解読できるというのはマリクの素質の賜物ですが、

「ラーの翼神竜の効果が相手に知られていなかったからこそ勝てた」という側面は否めません。

また「テキストを確認しろよ舞さん」という声もあるかもしれませんが、

そもそもラーの翼神竜にはテキスト欄がないというエラーカード規格外のカードだったため、

そこまで察しろ、というのはやや酷だったかもしれません。

ていうかそもそも古代神官文字が読めなきゃ発動できないカードってなんだよ

vs バクラ

【戦績】2勝0敗

原作高橋和希,アニメ「遊戯王」より引用 バクラとマリク

次なる対戦相手は遊戯王におけるラスボス、バクラ。

この対戦ではナムくんこと表マリクがバクラ側の援護につきます。

…が、この加勢がことごとく裏目に出てしまうことになります。

というのも「ラーの翼神竜の弱点は墓地に送られると何もできないことだ」と言って不死鳥のラーを墓地へ送るようアドバイスしたり、(※逆効果)

「くそう、あいつめ 僕のデッキを自分流にカスタマイズしていたのか」等と当たり前の事で一々リアクションを取ったり

とにかく役に立ちません。

OCGのラーの翼神竜であれば「墓地に置いておけば怖くない」のは正解ですが、

そもそもアニメのラーはこの後も散々「不死鳥」という側面が取り上げられる訳で、

バクラへのアドバイスが的外れなだけでなく表マリク自身、ラーの翼神竜について何も知らなかったことをただただ露呈するだけの結果に。

結局バクラくんは敗北。

闇マリクはまた一つ勝ち星を重ねることになりました。


スポンサードリンク

乃亜編

【戦績】2勝0敗1お留守番

さてアニメではバトルシティ編の準々決勝と準決勝の間に乃亜編というオリジナルの章がぶち込まれます。

ここでは遊戯や海馬をはじめとしたメインキャラや、

普段はスポットライトが当たることの少ない本田くんや御伽くん、静香ちゃんといったサブキャラまで活躍の場面が設けられることとなったのですが、

そんな中マリクさんが何をしていたかと言うと大人しくお留守番

いやマリクさん、散々リシドを暗殺しようとしていたわけですから今が大チャンスですよ。

なに大人しくお留守番してるんですか。

しかも終盤に唐突に登場し、お留守番に飽きたのか周囲を片っ端から破壊して回るという、我が家で飼っている猫のような行動を取り始めます。

乃亜編を通じてデュエルをすることも一切なく、ただただ本当にヤベェ奴という印象のみを視聴者に与える結果になりました。

どうしてこんな奴を選んだ千年ロッドよ

vs 遊戯、城之内、海馬

【戦績】2勝1敗1お留守番

原作高橋和希,アニメ「遊戯王」より引用 バトルロイヤル

 

準決勝の対戦相手を決定するためのバトルロイヤル戦にもちゃんと参加してくれるマリクさん。

ゴンドラに乗ってデュエルし、ライフポイントが減れば減るほど上昇していくというシステムとなっています。

どうでも良いですがこの人なんだかんだ試合にはしっかり参加してくれてるんですよね。

「こんな大会関係ねえ、俺が一人ずつぶっ潰してやるよ」とか言いそうなキャラなのに

実際はトーナメント表に則って対戦するし、対戦前に相手のデッキをしっかりとシャッフルしてくれるという。

高橋和希,漫画「遊☆戯☆王」より引用

 

なんてツラしながらシャッフルしてんだこいつ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました