【逃げ上手の若君】足利高氏(尊氏)について【シックス?史実?】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する、足利高氏というキャラクターについて。

ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

スポンサードリンク

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。
とにかくみんな、買って読もう(ネウロ&松井先生信者)。

また、史実についても触れません。ご了承ください。

作品内における「足利高氏」の概要

「鎌倉幕府の若き守護神」として多くの人望を集めていたキャラクター。
武勇・教養・家柄など、全てを備えた圧倒的な侍として名を馳せています。
「神速の謀反」により全国政権を滅ぼし、
主人公である時行の人生に大きな影響を与えました。

まだまだ物語の序盤ではありますが、時行にとっておそらく戦い続けていくことになる、「生涯の宿敵」を思わせるキャラクター造形ですね。

少なくとも鎌倉には高氏に匹敵する侍は居ない、と評されるほどその実力は信頼されており、
作品をパワフルに牽引する存在となっていくものと思われます。

登場当初は時行に対してにこやかに接するシーンが象徴的に描かれましたが、
謀反を起こしてからはやや常軌を逸した描写も見られました。

この場面から、松井先生の前々作「魔人探偵脳噛ネウロ」に登場したシックスに似ている、との声も上がっています。

シックスに似ている?

私自身もネウロは非常に大好きな作品で、シックスに似ている、という意見はわかります。

シックスも正体をあらわすまでは別のキャラクターに成り代わる形で、作品内のキャラクターにフレンドリーに接しており、
また全ての能力に秀でており、特に策謀にも長けている等の共通点があります。
そして謀反時に見せた愉悦または狂気の表情からは、確かにシックスの面影も感じます。
そういう意味では、足利高氏のキャラクター性、特に思想・信念について非常に興味が湧いてきます。

今後、時行に対してあらゆる手で迫ってくるものと思われますが、
果たして時行は返り討ちにすることができるでしょうか。

※この記事は随時更新されます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました