【逃げ上手の若君】赤沢新三郎について【小笠原貞宗】

逃げ上手の若君

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する赤沢新三郎について。
ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため、触れることはできませんので伏せます。

赤沢新三郎とは

小笠原家の使い。
怪しく上がったつり目と口角、淡々とした口調と張り付いたポーカーフェイスが特徴的な男性。
諏訪大社へ御供物の返礼を受け取りに行ったり、返礼の使者として時行を貞宗の元へ連れていくなど、
使としての役割を果たした。
待機中は亜也子に対し「大人の女と見紛うような体ではないか」という言葉をかけており、これが単なるセクハラなのか挑発なのか何か別の意図があるのかは不明だが、亜也子を辟易させていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました