【逃げ上手の若君】牛鬼・牡丹について【牡丹鍋?】

逃げ上手の若君

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
さて今回は「逃げ上手の若君」に登場する、牛鬼「牡丹」というキャラクターについて。

はい、今回の記事において、
ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになる可能性があるうえ、
また著作権違反に該当する可能性もあるため触れることはできませんので伏せます。あしからず。
しかし「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような、そんな記事を目指しています。
みんな、買って読みましょう(ネウロ&松井先生信者)。

牡丹とは

スポンサードリンク

人の味をおぼえ、人を狩ることをおぼえた巨大な牛鬼。
飢饉により戦が頻発していた時代には、獣にとっては人間の死体は作物よりも手に入りやすい食べ物でした。
そんな中人の味を覚えたことで、自ら人を狩るようになったのがこの牡丹。
名前が「牡丹」ですが、これは牡丹鍋の由来でしょうか。
猪の肉は煮込むと牡丹の花のようになるから…などの説がありますが、
今回の牛鬼は戦う前から既に牡丹鍋確定と見て良いのかもしれません。
もしかすると他に由来があるかもしれませんので、
何か手がかりがあれば追記していきたいところ。

また、弓・刀による攻撃や崖からの落下で致命傷を負わないほどの耐久力を持っており、

その強さは獣の中では一線を画しています。

では今回はここまで。
また次回。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました