【逃げ上手の若君】征蟻党・瘴奸について【死蝋/白骨/腐乱】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する瘴奸、というキャラクターについて。
はい、今回の記事も、ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

瘴奸一味について

瘴奸とは、「征蟻党」を束ねる頭です。
この時代を騒がせた悪党とは、土地を失い野盗と化した武士たちや、税をおさめず独立国家を築く武士により構成されているとされ、
征蟻党もそういった武士たちの集まりであることが示唆されています。
そのため征蟻党は賊の奔放さと武士の戦闘力を併せ持った集団として、
「五人いれば集落を一つ落とせるほどの強者揃い」として恐れられるまでになっています。

現在は小笠原貞宗の命により諏訪領を削り取るべく行動を起こしており、
時行らと全面対決の様相を呈しています。

瘴奸は全身を鎧で固めた状態での剣術を得意としているだけでなく戦術眼にも秀でており、
敵の仕掛けた罠を冷静に看破し対応するなど明晰な頭脳と落ち着いた態度が特徴。

また戦闘の最中にも子供を奴隷にして売り払うことを常に意識しており、
相手の策に堕ちた状態でも余裕があるとみるや、値踏みをすることを忘れません。

征蟻党には死蝋、白骨、腐乱といった幹部クラスのキャラクターも存在します。
腐乱いわく「征蟻党の中では死蝋が随一強い」とのことですが…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました