【逃げ上手の若君】四宮左衛門太郎とは【保科弥三郎】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する四宮左衛門太郎というキャラクターについて。
ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため、触れることはできませんので伏せます。

四宮左衛門太郎とは

保科弥三郎の「隣領」であり、諏訪神党の1人。
話が通じず死に急ぐ保科弥三郎達に感化されることなく、冷静に振る舞う姿が特徴的な人物。
頑なに命を落とそうとする保科一派の前に半ば心を折られていた時行は、四宮左衛門太郎の落ち着いた態度を見て「話のわかる人がいた」と安堵の涙を流していた。
保科を「昔から頭に血がのぼると止まらなくなる」「冷静な時は仕事も出来る良いやつ」と評しており、
彼が命を落とさずに済むよう時行にかけあっていた。
しかしそんなことなどつゆ知らず、保科の死に急ぎは大きくエスカレートしていくばかり。
果たして四宮の願いが保科に伝わる時は来るのか。
今後も見逃せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました