【逃げ上手の若君】信濃守護・小笠原貞宗について【史実ネタバレ防止】

逃げ上手の若君

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する、小笠原貞宗というキャラクターについて。
はい、今回の記事も、ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。

万が一、権利上気になるところがある、と権利者様からのご指摘がありましたら速やかに誠意を持って対応をさせていただきます。権利者様、出版社様は大変お手数ですが「ページ下部のコメント欄」や「ページ上部のお問い合わせフォーム」からご連絡ください。
せっかく面白い作品ですから、みんなも“買って”読みましょう(重要)

小笠原貞宗とは

信濃の守護を務める人物。
少し距離のある人間が手に持つダニの性別まで確認することができるほどの高い視力を持っており、
それを象徴するかのようにギョロギョロとした目つきも特徴。

足利尊氏が謀反を起こした際に真っ先に北条を見限り尊氏に加勢しており、
そのことから信濃守護を任されるに至っています。
信濃には北条の郎党である諏訪が健在であり、
「高い視力を持つ貞宗なら見つけ出せる」という尊氏の判断から、
時行らの命を狙うことになります。

松井先生の作品ではもはやお馴染みの、かなりクセのある外見と人物描写となっており、

また信濃守護という立場もあって展開と魅力、その双方を支える敵になっていくことに。

遠距離攻撃を得意とする小笠原貞宗に対し、果たして逃げ上手な若君はどう対応していくのか。

圧倒的な視力から距離の離れた敵を確実に射抜くことができる貞宗ですが、

加齢の影響か夜間はその自慢の視力が発揮しにくい様子。

そのため夜間は市河助房の聴力によるサポートを受けて、敵を討つことがしばしばあるようです。

自分が屈辱的な目にあった後でも、思考を続けるだけの冷静さと状況整理能力、

そして屈辱を味わった場所に平然と戻るだけの精神力を有している点もポイント。

弓の腕や観察能力だけでなく、思考や精神を含め力のある武士であることが描かれています。

またシリアスな描写だけでなく、眼球芸や強いメンタルにスポットライトが当てられ、

コミカルな演出をされることも多いキャラクターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました