【逃げ上手の若君】保科弥三郎について【諏訪頼重】

漫画

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する保科弥三郎というキャラクターについて。
ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため、触れることはできませんので伏せます。

保科弥三郎とは

北信濃の川中島の住人であり、諏訪神党の一員。
清原信濃守による圧政に耐えかね、反乱を起こそうと画策している。
頼重からは「義理堅く有能な人物」と評されており、一定の信頼を得ている様子。
兵力差から反乱が失敗することは本人含め多くの人間が理解しており、
それでもなお「武士としての意地」のために戦って命を落とすことを選ぶ。
戦って命を落とすくらいなら逃げることを選ぶ、という時行とは正反対のスタンスが特徴的。
集めた兵も自爆特攻に強く賛同する者が揃っており、
その勢いは時行達一向をたじろがせた。

「本人が死ぬことを望んでいる」というこの状況で、
時行は保科達を命の危機から逃がすことが果たしてできるのか?要注目。

コメント

タイトルとURLをコピーしました