【逃げ上手の若君】ネタバレ配慮:第21話→22話感想【鬼心仏刀】

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は逃げ若について。
なお、ストーリーの詳細な内容についてはネタバレや著作権違反になるため伏せます。
みんな買って読みませう。
では感想へ。

感想

先週の感想記事で予想した通り、鬼心仏刀の正体は逃げ上手を生かしたヒットアンドアウェイ方式の攻撃でした。
これが的中したのが地味に嬉しい。
ただ逃げ上手描写が中々極まっていますね。
あれだけの閉所で、手練れの悪党による攻撃はおろか血飛沫を全回避するという…

鎧武者のデメリットがちゃんとこの展開に繋がっているのも大きいところ。
時行の天性の逃げ上手だけでなく、鎧の重さゆえに時行を捉えられない、という理屈も通ります。

先週までは鎧の強さが描写され続けていましたが、
こうして条件を整えると鎧ならではの弱みが露呈するものですね。

時行が興奮しているときの紅潮した頬が中々いい感じにヤバいやつ感を出してくれます。
にしても本当に見やすい漫画だなぁ……

はい、今回はこんなあたりで。
また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました