スポンサードリンク

【軽減税率】合法?コンビニの「イートイン脱税」とは【正義マンとは】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はイートイン脱税について。

イートイン脱税とは

スポンサードリンク

10月1日の消費増税に伴い軽減税率制度が導入されました。

そんな中、この軽減税率制度を利用し「節約」しようとするのがコンビニのイートイン脱税。

店内飲食の場合は税率10%、飲食料品の持ち帰りの場合は税率8%という点を利用し、

飲食料品を購入した後、イートインコーナーで食事をすることで、

本来であれば店内飲食分の10%の税率がかかるところを持ち帰り分の8%で済ませてしまおう、というものです。

正義マンの活躍の場は

ネットでは軽減税率適用以前から「イートイン脱税が起こり得るのでは」「正義マンが店員に伝えそう」など軽減税率を巡る問題が懸念されていました。

正義マンとは

「正義」を建前に、ストレスの解消をはじめとした自己満足のために「正義」行為をはたらく人物のネット上での呼称。

今回のケースでは「軽減税率を利用して脱税をしている人が許せない」という自身の不快感を解消するために店側にクレーム等の形で関わり、

コンビニ従業員に通常の労働以外にかかる労力を費やさせてしまうことから呼ばれています。

コンビニ、国は

一方でセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどコンビニ大手4社は「原則として客の自己申告があった場合に10%の税率を適用する」としており、

仮に正義マンが「イートイン脱税」をしている人物を店側に報告したとしても「証拠を把握することが難しい」ことから、基本的に店側は対応しないとしています。



スポンサードリンク

またこの「イートイン脱税」について国税庁は

「倫理上どうなのかという観点は別になりますが、軽減税率が適用されるかどうかの判定は、事業者が客に飲食料品を譲渡した時点で行われます。

コンビニではレジで飲食料品を販売した時点で、判定されるため、制度上の問題はありません。

『自己申告をしたのに、8%で処理された』というケースは、事業者が最終的に適正な納税をしていれば脱税には当たりません」

としています。

Twitter上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました