【豆まきの由来】節分や恵方巻きの起源はいつから【鬼退治の意味】

季節・行事

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は節分について。

そもそも節分とは

スポンサードリンク

節分とは、節目の分かれ目、つまり「季節の分かれ目」を意味します。

しかし季節の分かれ目は年間を通して、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日、つまり1年に4回あります。

ではなぜ立夏や立冬の前日ではなく、立春の前日である2月3日が節分として扱われるようになったのでしょうか。

昔は「春」がやってくる事は新年を迎える事と同じくらい重要な節目でした。

現在の日本においても、他の季節より「春」は節目としての印象が強いですよね。

そして室町時代に「節分」は特に節目として重要な「立春の前日」とされたのです。

節分で豆まきが始まった理由

さて、ではなぜ季節の変わり目である「節分」に豆をまく習慣が生まれたのでしょうか。

昔から季節の変わり目には「邪気が入りやすい」と考えられてきました。

そこで邪気を払い幸福を呼びこむために、

追儺(ついな)と呼ばれる宮中行事が行われるようになったのです。

そしてこの追儺で行われていた行事の一つには「豆まき」がありました。

みなさんもご存知の通り、鬼に豆をまいて退治する、というものです。

この習慣の名残が今なお「節分の豆まき」として受け継がれているわけです。

ではそもそも、なぜ豆を鬼めがけてまく必要があるのでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました