【警察並のスキルを持つクラッカーでも復元不可能?】スマホを破棄する前に!スマホのデータを完全消去する方法【削除初期化/上書き/ゼロフィル/物理破壊】

インターネット

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はスマホのデータを消し去る方法について。

スマホには個人情報が大量

スポンサードリンク

さてなんでもスマホで済ませることができる現代、老若男女問わずスマホを持つ人の割合は大幅に増加。

しかしスマホで何でも出来てしまう、ということはそれだけ多くの情報がスマホに入っていくということでもあります。

仮にスマホが他人の手に渡れば、消したと思った電話帳やメモ、画像や検索履歴まで復元される可能性があります。

そうした情報の漏洩を防ぐため、スマホを手放す時は必ずデータを跡形もなく消しておく必要があるわけですね。

警察並の復元技術をもつクラッカーなどの、サイバー方面に長けている人物に悪用されないとも限りませんので。

世の中良い人ばかりではない、ということです。

さて、とはいえ例えば画像を普通に削除しているだけでは完璧に復元されてしまいます。

「『最近削除した項目』を消せば安心なのでは」という方もおられますが、

実はそれだけでは画像は全く消えていません。

「削除」はあくまで画像データの「目次」を消す行為であり、画像データの本体は残ったままなんです。

つまり解析すれば復元される可能性は十分にあるわけですね。

これを完全に消すためには、目次だけ削除と生温いことは言わず、本体もろともデータを塗りつぶしてしまう必要があります。

さてここからが実際にデータの削除方法。

iCloudの連携は必ず切り、バックアップをとる方は事前に取っておいてください。

手順①スマホを初期化

まずはスマホを初期化。

「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」

と進み、一度スマホを完全にリセットしてしまいます。

この時点であらゆるデータの「目次」が消えましたが、「iPhoneストレージ」に残ったデータ本体を復元される可能性は残ります。そこで次の一手。



スポンサードリンク

手順②動画を撮影し続ける

「一体何のこっちゃ」という話ですが、要するに「データの本体がiPhoneストレージに残っているなら、ストレージが満タンになるまで他のデータで塗りつぶせばいい」というシンプルな手段なんです。

とはいえストレージが満タンになるまでただ動画を撮影し続けるのは中々に難しいところ。

ただスマホで壁を映していても、中々ストレージは満タンにはなりません。

しかし撮影する対象を「細かい文字の羅列」などにすれば事態は一変。

容量が効率よく重くなるため、はるかに楽にストレージを埋め尽くすことができます。

例えば小説の1ページを開いたままで、スマホを固定して動画を撮影すれば、あとはオートでストレージを埋めていくことができます。

基本的にスマホは充電が切れるかストレージに空きがなくなるまで撮影が続くため、

充電器をセットした状態でスマホの撮影を固定することができれば、

何もすることなくゆっくり時間を過ごしながら、ストレージを埋めることができるわけですね。

それなりに時間がかかりますがこの方法であれば、

スマホの固定&撮影を部屋でしながらその間に自分は外で用事を済ませる、といった行動も可能となります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました