スポンサードリンク

【花粉症治療薬】「保険適用外に」との提言【湿布、保湿剤】

スポンサードリンク

花粉症治療薬を保険適用外に

概要

8月22日、健康保険組合連合会(健保連)は保険財政悪化への対応策として、

医療機関で処方される市販薬と同一成分の花粉症治療薬について、

スポンサードリンク

医療保険の適用から除外し全額自己負担にすべきとの提言を取りまとめました。

これまで1〜3割の支払い額で済んでいた患者の負担が増すかわりに、最大で年600億円もの医療費削減効果が見込めるとしています。

また花粉症治療薬1種類のみを保険適用から除外した場合でも、年37億円もの医療費削減が見込めるとしています。

健保連は市販薬で代用可能な処方薬の医療費規模は2126億円と試算しており、

「制度維持のため、一定程度の除外は必要」と医療機関処方される湿布や保湿剤を保険適用から除外するよう求めています。

背景

今回の動きについて、

高齢者医療を支える拠出金の負担が増加した事や、

最大で数千万円にものぼる高額薬の相次ぐ保険適用により、各組合の財政が悪化し加入している各会社員の負担が増加することが予想される、といった背景があります。



スポンサードリンク

Twitterでの反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました