スポンサードリンク

【花粉症、風邪薬】なぜ?市販品類似薬が保険対象外になる理由【日本医師会の反発も】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は市販品類似薬について。

市販品類似薬は保険対象外に

スポンサードリンク

政府は11月30日、全世代型社会保障改革の一環として、

市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬、いわゆる「市販品類似薬」について、

公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入りました。

しかしなぜ市販品類似薬を保険対象外にするのでしょうか?

その理由を見ていきます。

なぜ保険対象外に?

市販品は基本的に全額患者負担である一方で、

病院で処方箋を貰い薬を購入する場合は自己負担は1~3割で、残りは税金等から賄われることになります。

したがってこの自己負担割合を引き上げることで、医療費を抑制したいというのが政府の狙いです。

また「対象の薬を市販品よりも安く手に入れるために、病院への受診回数が過剰になっているのでは」といった点も指摘されています。

どんな薬が保険対象外になるのか

現在保険除外の対象として想定されている薬は以下の通り。

・風邪薬

・花粉症治療薬

・湿布薬

・皮膚保湿剤

・漢方薬など

日本医師会の反発も

一方で日本医師会はこれについて

「軽微な症状での受診を控えることにより、重症化する恐れがある」

「重篤な疾患だけを保険給付の対象とすれば社会保険の恩恵が薄れる」

と反発する姿勢を見せています。

ネット上の反応

案の定と言うべきか、ネット上ではほぼ批判一色。
増税が行われたばかりということもあり、特に花粉症などを患っている方にとっては厳しい調整案と言えます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました