スポンサードリンク

【自然治癒?】顔面骨折とは【腫れや痛み等の症状と治療】

スポンサードリンク

顔面骨折

 

骨折部位ごとの症状

前頭骨骨折:額の陥凹変形

鼻骨骨折・鼻篩骨骨折:鼻出血、鼻の変形

スポンサードリンク

眼窩壁骨折:複視、眼球の陥凹、上口唇・鼻翼部のしびれ

頬骨骨折:頬部の平坦化、開口障害、上口唇・鼻翼部のしびれ

上顎骨骨折:咬合異常、顔面の変形

下顎骨骨折:咬合異常、開口障害、下口唇のしびれ

通常は骨折をした場合顔面の変形をきたしますが、受傷直後から数日間、骨折部は腫脹しているために変形が明らかではない場合があります。

原因

交通事故や暴力などの強い力を顔面に受けた場合に起こります。

またスポーツで使用するボール等を眼球に受けた場合に骨折を生じる場合もあります。

診断

単純X線写真やCT検査により診断を確定します。また眼窩壁骨折の場合は眼球の動きの評価も行います。

治療

顔面の骨折は2週間程で骨癒合が始まるため、放っておくと変形した状態のまま治癒してしまいます。

著しい変形をきたしている場合や咬み合わせに障害がある場合などは2週間以内に手術を行うことで骨折を整復することになります。

手術方法には皮膚の切開を伴わない非観血的手術と、

皮膚を切開する観血的手術の2通りが存在します。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました