スポンサードリンク

【秋元司議員?500ドットコム?】IR事業(カジノを含む統合型リゾート)を巡る汚職・収賄事件について問題点まとめ【国会議員5人に現金も】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はIR事業を巡る汚職事件について。

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る収賄事件

スポンサードリンク

このたび衆院議員の秋元司容疑者(48)が収賄の疑いで逮捕されました。

連日ニュースを賑わせていますが、一体何が問題となっているのでしょうか?

逮捕容疑の一つは、IR担当の内閣府副大臣だった「平成29年9月、IRへの参入で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら中国企業『500ドットコム』社側から現金300万円を受領した」こと。

贈賄容疑で逮捕された同社元顧問の紺野昌彦容疑者(48)らは

「衆院議員会館の事務所で現金入りの紙袋を直接手渡した」と供述しており、

これに対し秋元容疑者は「お金はもらっていない。2年前のことで、そもそも(紺野容疑者らと)会った記憶もない」と容疑を否認しています。

さらにもう一つ問題とされているのが「30年2月、北海道旅行へ家族で招待され、旅費などの約70万円相当の利益供与を受けた」件。

これについては航空機の搭乗記録や宿泊記録などから旅行自体は明らかであるものの、

秋元容疑者は「秘書に任せていて、こちらで支払っているものだと思っていた」と供述しています。

問題が波及

さらに衆院議員の秋元司容疑者(48)に現金を渡したとされる中国企業側が東京地検特捜部の調べに対し、

自民党などに所属する他の国会議員5人(自民党4人、日本維新の会1人)の名前を挙げ、

「それぞれに100万円前後の現金を配った」と供述していることがわかりました。

特捜部は供述と符合するメモも押収しており、実際に金が渡ったかどうかなどについて慎重に調べています。

渦中の国会議員5人は北海道を含むIR誘致を検討していた自治体出身の議員や超党派でつくる「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」の幹部らで、閣僚経験者や現職の政務官も含まれます。



スポンサードリンク

5人に現金を渡したと供述しているのは、贈賄容疑で逮捕された中国企業「500ドットコム」の顧問で、元沖縄県浦添市議の仲里勝憲容疑者(47)。

同社側の別の3人が2017年、計約2千万円を無届けで日本に持ち込み、国会議員らへの現金提供を計画、

衆院解散当日の同年9月28日に秋元議員へ300万円を渡したほか、同時期に「国会議員5人にそれぞれ100万円前後を渡した」と話しているとのことです。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント