スポンサードリンク

【短冊や願い事】七夕伝説と物語について【由来とは】

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は七夕について。

そもそも七夕とは?

スポンサードリンク

皆さんもご存知の通り、7月7日は七夕です。

しかし七夕の成り立ちについてはご存知でない方も多いのではないでしょうか。

これは元々日本の神事であった棚機(たなばた)、

おりひめとひこぼしの伝説、

奈良時代に中国から伝来した乞巧奠(きこうでん)、

以上3つの伝説があわさったものと言われています。

一つずつ見ていきましょう。

棚機(たなばた)とは

さてなにやら馴染みのない文字で記されていますね、棚機(たなばた)。

これは古い日本の禊ぎ行事であり、

乙女が着物を織って棚にそなえることで神さまを迎えることで豊作を祈ったり、あるいは人々のけがれをはらう、というものでした。

この際選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、

清い水辺にある機屋(はたや)にこもり神さまのために着物を織ります。

そしてここで使われたのが棚機(たなばた)という織り機です。

さて、仏教が伝わってからはこの行事はお盆を迎える準備として、7月7日の夜に行われるようになりました。

現在たなばたを表す「七夕」という文字も、ここが由来とされています。

おりひめとひこぼしの伝説

皆さんもご存知、織姫と彦星。

琴座のベガとも呼ばれる織女星と、鷲座のアルタイルとも呼ばれる牽牛星が7月7日に天の川を挟んで輝いていることから、

この日を1年に1度の「二人の巡り会いの日」と考え、七夕の物語が考えられたとされています。

ただしこれにはさまざまな言い伝えがあり、

七夕の夜に「雨が降れば二人は会えない」と伝えるところもあれば、

「雨が降っても二人は出会える」

「二人が会ってしまうと疾病が流行るため、会わないように願うべき」

との言い伝えもあります。

乞巧奠(きこうでん)とは

これは中国の行事で、7月7日に裁縫を司る織女星にあやかり、

「裁縫が上達するように」という祈りを捧げる風習から生まれました。

これは祭壇に針などを備えることで星に祈りを捧げるもの。

さてその話が平安時代の日本に伝わると、

宮中行事として「七夕」が行われるようになりました。

宮中の人々は桃や梨、大豆や干し鯛などを供えて星をながめ、楽を奏でたり詩歌を楽しんだとされています。

やがて庶民の行事へ

江戸時代になり七夕行事が「五節句」の一つとなると、七夕は庶民の間にも広まり始めます。

野菜や果物をそなえて、詩歌や習いごとの上達を願いました。

それがやがて五つの色の短冊に願い事を書いて笹竹につるし、星に祈る行事へと変化していきました。

※中国では古代より、木・火・土・金・水の五つの要素によって自然現象や社会現象が変化するという学説があり、五色のたんざくはこれにちなんだ緑・赤・黄・白・黒です。

願いを叶える

7月7日の七夕の夜に、おりひめとひこぼしは「再会」という願いをかなえます。

これにちなんで人々は「織姫と彦星のように、私たちも願い事がかないますように」と

たんざくに願い事を書くようになりました。

ちなみにたんざくを吊るす笹や竹は冬でも緑を保つことから、昔から「不思議な力がある」と伝えられてきました。

こうした笹や竹の力を借りることで願いが叶えられているのかもしれません。

というわけで今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました