スポンサードリンク

【看護師が教える】冬場に脱水に陥りやすい原因について【湿度】

国家資格、医療知識
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「冬場に脱水に陥りやすい原因」について。

なぜ冬に脱水症になるのか

スポンサードリンク

夏と比べて気温が低く発汗しにくい冬場は脱水状態に陥りにくい、と考えがちですが

それだけで冬場は脱水にはならない、と判断するのは危険です。

これには湿度が大きく関わってくるのです。

人間にとって理想的な湿度は概ね50〜60%なのですが、冬場は空気が乾燥しやすいため皮膚や粘膜から失われる水分は多くなります。

寒さ対策のために暖房を使っていればなおさら、水分を失いやすいというわけです。

また風邪やインフルエンザをはじめとした疾患による発熱や嘔吐も水分を失いやすくなる誘因となっています。

更に夏場と比べて水分摂取の回数が低下することも原因の一つ。

水分を失いやすく、また失われた水分を補給する機会が減ってしまうことが

脱水に繋がりやすい、というわけです。

脱水症状について

では脱水状態に陥ると果たしてどういった症状が現れるのか。

立ちくらみや目まい、吐き気や動悸などが主症状であり、更に脱水が悪化すると意識障害を引き起こすこともあります。

更に水分が失われることで血液がドロドロになりやすく、血栓が生じやすくなるため脳や心筋の梗塞を生じやすくなるわけです。

脱水状態の多くは脱水症状が生じる前に皮膚や唇、口の中も乾燥が起きており、

そういった点に注目して脱水の予防に取り組むといいかもしれません。

スポンサードリンク

コメント