【症状、治療】腸発酵症候群(ビール自動醸造症候群)とは【日本】

医療・健康知識

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は腸発酵症候群(自動醸造症候群)

スポンサードリンク

について。

腸発酵症候群とは

腸発酵症候群とは、極端な食事制限や抗菌薬の使用により腸内細菌のバランスが変化することで、

腸管内にイースト菌が増加した結果、

酵母が糖をアルコールに変換する病気のことを指します。

食事をするだけで腸内でビールが醸造されるため、

お酒を飲んでないのに酔っ払ってしまったり飲酒検問に引っかかってしまうといった事態が発生してしまいます。

腸内細菌の正常化を助ける抗真菌療法やプロバイオティクス療法などにより治療が行われています。

ネット上の反応

https://twitter.com/pubg0063/status/1188715512148058112?s=21

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました