スポンサードリンク

【脱税?申告漏れと所得隠し】ADHDという声も/チュートリアル徳井義実さんの件まとめ【株式会社チューリップ】

スポンサードリンク

徳井義実さん

みなさんこんにちはこんばんは、雨崎です。

今回はチュートリアル徳井義実さんについて。

所得隠しと申告漏れ

スポンサードリンク

お笑いコンビ 「チュートリアル」の徳井義実(44)さんが設立した会社が、

東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことがわかりました。

徳井さんは、所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていました。(これ自体は法律に抵触しません)

こうして徳井さんは2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していたものの、

東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘。

また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、約1億円の申告漏れを指摘。

今回問題となっているのはこの2点です。

重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円にのぼるとみられていますが、

徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている模様です。

株式会社チューリップとは

徳井さんが個人として設立した株式会社。

現在の所得税の税率は最大45%である一方で、

法人税の税率は約半分の23.2%であることから

個人事業主として受け取ったギャラを確定申告するよりも、自分の会社の収入にして会社から給与として受け取った方が税制上のメリットがあるとされています。



スポンサードリンク

「所得隠し」と申告漏れ」

①計算誤りにより所得が過少となっていた場合

②税法の解釈の誤り、解釈の相違による過少申告、また所得を得ていることを知らなかったり申告手続きが遅れた場合

③その所得が申告すべきものであると知らず放置していただけの場合

これら3点のいずれかに該当する場合は通常「脱税の範疇に含まれない」とされ、

「意図的な所得隠しには当たらない申告漏れ」として取り扱われています。

しかし一方でこうしたケースでも大企業や著名人が税務調査の結果、多額の申告漏れを指摘された場合には報道されるケースが多く、

さらには税務調査の結果所得隠しを目的とした仮装・隠蔽の事実が認められた場合は、通常の過少申告加算税に変えて重算加税が賦課される等の差異が設けられています。

ただし仮に本人に税金逃れの意図があったとしても、単純ミスか意図的なものかが一見区別できない程度の行為であった場合は「申告漏れ」として処理されるケースが多いのが現状です。

このようなケースでは「脱税しました」という自白を伴わない限り、脱税の意図があったことを立証することが容易でないためです。

また行政側も重加算税を賦課された納税者側が原告となって重加算税の賦課取り消しを求める裁判を起こされた際に、

脱税の証拠不十分で敗訴する可能性が低くないことが想定される場合、

納税者側との係争やそれにかかる膨大な費用と時間、労力の消費を避けるために重加算税の賦課決定を見送るケースも少なくありません。

ただしこの場合も申告誤り等に対するペナルティとしての過少申告加算税・無申告加算税や税金の滞納に対する延滞税が課されます。

緊急記者会見

これを受けて23日夜、徳井さんが緊急記者会見を開きました。

冒頭、「この度は私のだらしなさ、怠慢によりしっかりとした納税をすることができず、ちゃんと納めていらっしゃる国民の皆様に多大なご迷惑・不快感を与えてしまったこと、申し訳なく思っております。本当にすみませんでした」と謝罪。

「自身が客観的に見てもとんでもない金額だと思った」と発言しています。

2016年~2018年の3年間の収入を申告しなかった経緯については事実だとし、「税理士から申告しないといけないと言われながら、社会人として考えられないようなことなんですが、本当にだらしないルーズなところがあって。『やります』と言いながら『明日やろう』、時間ないし銀行に行ったりという作業を先延ばしにしてしまいまして。そこから延び延びになってまとめて申告しようとなったら、また申告の時期がきて、税理士から『今年はやりましょう』と。もちろん支払う意思はあったんですが、想像を絶するだらしなさ、ルーズさから3年経ってしまいました」と説明。

2012年~2015年の所得隠しとされる部分については、「内訳の細かくこれは落ちる、落ちないという話は膨大になるので、国税の方が『こちらで任せてください』と。
自分の不徳の致すところなので、意見を全て聞いて、言われた額を払いました。洋服代というのは、劇場やテレビの仕事も私服でやる部分があるので、仕事で使う部分は衣装代だろうと。

定期的に仕事もあるのでと思っていたが、100%落ちるものではなかった。そこを国税の方が線引きし、修正額を払いました。旅行のお金も計上したとあるが、覚えてないで済まされないんですが、はっきり覚えていません。

僕らの仕事は、行動してネタを集めて話す仕事でもあるので、どこかの段階で後の仕事になるよな、という意識で領収書を渡していたかもわからないです」と述べています。

想像を絶するルーズさ

今回の記者会見での弁明や過去のツイート内容から、

「徳井さんは元々色々なことを先延ばしにする、まさしく想像を絶するだらしない人間なのでは」という意見が出てきました。

過去には幾度も料金未払いを忘れていた結果電気やガスが止まってしまった、という事態にも陥っていたようです。

ネット上の意見



スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました