スポンサードリンク

【由来】年越しそばとは【大晦日】

医療以外の知識
スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は年越しそばについて。

 

年越しそばとは

スポンサードリンク

「そもそも年越しそばとは一体なんぞや」というところから見ていきます。

年越しそばとはその名の通り、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦のこと。

遡ること数百年、江戸時代に定着した文化であり、いまや年末恒例となっています。

蕎麦は他の麺類と比較して切れやすく、

そのため「今年1年の災厄を断ち切る」という意味で年末に蕎麦が食べられるようになったようです。

また蕎麦は細く長いため、長寿を願って食べる、という説もあります。

つまり「細く長いもの」でありなおかつ「切れやすい」蕎麦が、年越しの厄払いとしては最適である、というわけですね。

一方、そばを残してしまったり、あるいは新年を迎えてから蕎麦を食べると逆に縁起が悪くなる、という説もあります。

もはや大晦日に蕎麦を食べ切る以外の道は残されていないようです。

それでは今回はこの辺りで記事を締めます、また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント