【生活必需品からヒヨコまで…】なぜ起こる?「パニック買い」とは

ニュース

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「パニック買い」について。

スポンサードリンク

あくまで個人的な解釈と分析に基づく説明です。ご了承の程。

「パニック買い」とは

パニック買いとは、災害や感染症の拡大などにより社会が大きな不安に晒された際に、特定の商品が大量に販売・購入される現象のことです。

このパニック買いが発生する大きな要因として、

事態が収束する目処が立たない状況下において生活が逼迫する中で(あるいは逼迫することが予想される中で)、

難解な専門用語や根拠の乏しい情報発信などにより曖昧な、あるいは根拠が不明瞭な情報が行き交った結果、

事態の全容を把握することができず精神的に大きな不安を抱えた人々がパニック買いに至るのでは、と考えています。

事態が収束した時点で、あるいは事態が解決に向かう一定の目処が立った時点で、パニック買いはある程度収まるものと考えられます。

また、国が国民に対して呼びかけを行なった結果、パニック買いが収まった例もあります。

ちなみにパニック買いされる商品は食糧やトイレットペーパー、乾電池など生活に利用するものから、

国外では銃や弾薬、果てはヒヨコまで、その種類は多岐に渡ります。

ネット上の反応

https://twitter.com/hirameki_002/status/1248075730430263296?s=21
https://twitter.com/uzaki998/status/1248075362447179776?s=21
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました