スポンサードリンク

【煽り?縦読み?】マクドナルド秋葉原昭和通り店の閉店に対するバーガーキングの「別れの挨拶」について【私たちの勝チ】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はマクドナルドとバーガーキングについて。

別れの挨拶が話題に

スポンサードリンク

マクドナルド秋葉原昭和通り店が2020年1月31日をもって閉店。

これを受けて、マクドナルド秋葉原昭和通り店と、その2軒隣に位置するバーガーキングのうちだした「別れの挨拶」が話題となっています。

今回注目されているのは、バーガーキングの「別れの挨拶」。

一見マクドナルドに対して健闘を称え合う内容となっていますが、

文章を縦読みすると「私たちの勝チ」というメッセージに。

これに対してネット上ではさまざまな反応が上がっています。
まずは今回の縦読みを評価するユーザーの声からご紹介しましょう。



スポンサードリンク

評価するユーザーの声

「とても良い」「食べに行きたくなった」という声が多く見られます。
健闘を称え合いつつ、今回は自分たちの勝ち、というメッセージを込める「企業」としてのプライドと遊び心が窺える、との声も見受けられました。
さて一方で、「私たちの勝チ、で台無しになった」というユーザーの声も聞こえてきます。

快く思わないユーザーも



スポンサードリンク

「わざわざそれをアピールすることに何の意味が」「見ていて不快になった」と言った声も少なからず聞こえてきます。
特に今回の場合はマクドナルド側の「別れの挨拶」には、バーガーキングに対するレスポンスの縦読みが含まれていないこともあり、
「勝利宣言」が一方的なものとして観衆の目に映りやすくなった、というのも批判が集まる要因の一つでしょう。
さらにはこうした批判の声に対しての意見も見られます。

批判に対する意見



スポンサードリンク

「マクドナルドとバーガーキングが示し合わせてやっていること」
「バーガーキングも、マクドナルドのレシートでドリンクを無料でつけるなど敬意を払ってる」
という意見が見られます。
中には「日本という国民柄、こういうメッセージは好まれにくいのでは」と分析される方も。
「いくら当人同士が示し合わせていても、第三者に少しでも不快に思われたら叩かれる」という風潮を危惧する声も見受けられました。

更なる反論も

そういった声に「批判サイド」の更なる反論も寄せられています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました