【無理?失敗?】「ベーシックインカム」とは?メリットとデメリットについて【日本/財源/前澤友作さん】#ベーシックインカム

インターネット

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はベーシックインカムについて。

ベーシックインカムとは

スポンサードリンク

ベーシックインカムとは最低限所得保障の一種であり、政府がすべての国民に対し最低限の生活を送るのに必要とされている現金を定期的に支給する政策構想のことです。

生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などの、その他の現金給付政策と異なり、

ベーシックインカムの場合はこれら個別対策的な保証を一元化し、包括的な国民生活の最低限度の収入を補償することを目的としています。

つまり従来の「選択と集中」を廃止し、「公平無差別な定期給付」に変更するため、

既存の年金や雇用保険、生活保護などの個別対策的な社会保障政策は大幅に縮小することが前提となり、

それらがそのままベーシックインカムの財源となります。

さて、ではベーシックインカムを実施する上でのメリットとデメリットについて検討していきましょう。

「全て」の人に支給

「全ての人に無条件で収入を支給する」という性質上、

生活保護を受けられない層へも支給が可能となり、

また条件の審査などに必要な手間も不要となります。

財源の問題も

一方でやはり問題となってくるのが財源の確保。

上述した年金や失業保険、生活保護などの社会保障費(※医療を除く)の合計は総額75兆円。

これを国民一人一人に割り当てた場合月当たり約6万円ということになります。

これでは「生活に必要な最低限の収入」というベーシックインカムの目的は達せられず、

この問題を解消するための増税などが合わせて実施されなければならない計算です。

労働意欲

ベーシックインカムの場合、生活保護のように「一定の収入があると打ち切られる」ということがないため、

働いて得た収入はそのままベーシックインカムに上乗せされていきます。

働くことで扱えるお金がこれまでよりも更に増えるため労働意欲が向上することが期待されます。



スポンサードリンク

一方で最低限の生活が保障されるという性質上、

労働自体を拒否する人が出てくる可能性も当然あります。

ベーシックインカムが実施されることで働き手が減り、

本来であれば必要な公共事業の実施すらままならない、という事態に陥る可能性もあるというわけです。

労働環境

ベーシックインカムにより生活に必要な最低限の収入が得られるということは、

「過酷な労働環境下でも、生活のために働く」必要がなくなります。

特に劣悪な待遇を労働者に強いるいわゆる「ブラック企業」はベーシックインカム実施の影響を特に強く受けると予想されており、

ブラック企業が待遇を改善しない限り淘汰されると考えられています。

個人への責任負担が増大

既存の社会保障費と異なりベーシックインカムでは、支給に際しての資格や条件が一切存在しないことが特徴です。

したがってベーシックインカムにより得られた収入の使い道は支給を受けた個人に委ねられることとなります。

お金の使い道等において自由度が上がる一方で、

仮に何らかのトラブルなどで借金苦などに陥ったとしても、

ベーシックインカムが実施されているためにその他の政策は行われずこれ以上の保障はなされない、という事態にも繋がります。

したがって「お金を配った後は良くも悪くも本人次第」ということになります。

前澤友作さんの試みも

Twitter上では前澤友作さんが「ベーシックインカム」をテーマに、

個人でのお金の配布を行っていました。

賛否こそあれど、ベーシックインカムをはじめ「お金」について考える機会が生まれたことは歓迎すべきことであると思います。

この機会に社会保障費のあり方についても考えて見るのも良いかもしれません。



スポンサードリンク

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました