スポンサードリンク

【流産・早産リスク】高齢出産のリスクについて【ダウン症等の障害】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は高齢出産について。

高齢出産とは

スポンサードリンク

さて、ニュースなどでも取り上げられることのある高齢出産。

「高齢出産はリスクが高い」というのはよく聞く言葉ですが、

そもそもどの位の年齢から高齢出産に該当するのでしょうか?

高齢出産とは「35歳以上の初産婦」を指します。

1990年前半ごろまでは「30歳以上の初産婦」という基準でしたが、

30代前半の妊婦の増加や、諸外国での基準が「35歳以上」ということもあり基準の年齢も引き上げられることになりました。

さて、では高齢出産にはどういったリスクがあるのでしょうか?

高齢出産の場合は通常の出産と比べて母体及び胎児に様々な影響が出やすくなります。

それらを一つずつ見ていきましょう。

先天性疾患、流早産の増加

卵子は、女性が胎児のときに一生分が作られます。

したがって卵子が卵巣の中にある期間が長くなるほど、染色体やDNAにダメージが蓄積し細胞分裂の力も低下していきます。

年齢が高くなると受精卵の染色体異常が増加、ダウン症などの発生率が高まるのはこのためです。

また流産や早産、死産も増加します。

疾患の合併リスク

高齢出産では妊娠高血圧症候群、前置胎盤、胎盤早期剥離などの妊娠異常症、

子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科的妊娠合併症が増加します。


スポンサードリンク

発育への影響

上述の合併リスクでも挙げた通り、高齢出産の場合は妊娠高血圧や妊娠糖尿病のリスクが高くなります。

それらの疾患を合併した場合、血流の悪化等を起こし母体の体内環境が悪化するために、

胎児へ必要な栄養が送られず、発育の阻害に繋がります。

難産になりやすい

高齢かつ初産の場合は産道や子宮口が硬く難産になりやすいというのも留意点です。

また高齢になるにつれて体力が低下するため産後の回復や子宮復古も遅くなる傾向にあります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました