スポンサードリンク

【栃木の小学校】「いじめを訴える文章」を教室に提示

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は栃木県の小学校におけるいじめ問題について。

栃木小学校でのいじめ問題

スポンサードリンク

栃木県内の市立小学校で2018年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたにも関わらず担任の男性教諭(42)が対策をとらず、

名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かりました。

市教委は2019年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意としています。

「いじめ被害」を貼り出した経緯

事の発端は、担任の教諭がクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ感想を書かせたというもの。

その中で上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は、

家族と相談したうえで

「3年からいじめが続きました」

「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」

「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出しました。

しかし担任は相談に乗ることなく、赤ペンで

「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」

「負の連鎖をどこかで断ちきろう」

と感想を書き込み他の児童の文章と一緒に教室に1週間ほど張り出したとのことです。

いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、

家族は2019年2月、学校を訪問。

校長は「初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知った」、

担任は「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したと言います。

また両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語り、

市教委側は「教員として絶対してはいけないことで弁解の余地はない。すべての学校でいじめに対して真摯に対応するよう指導していく」と話しています。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました