スポンサードリンク

【柴田さん&ザキヤマ】不仲?からのアンタッチャブルの漫才!10年ぶりの復活までの流れまとめ【涙?面白い?有田さん& #脱力タイムズ】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はアンタッチャブルについて。

アンタッチャブルが復活!

スポンサードリンク

2019年11月29日、長い空白の時を経てついにアンタッチャブルが復活しました!
2人がコンビ活動を休止したのは2010年1月のこと、

相方の柴田英嗣さんが「無期限活動休止」という見出しで報じられた日からアンタッチャブルのコンビとしての活動は休止同然の状況に陥りました。

今回の復活を受けて多くのお笑いファン、アンタッチャブルファンが歓喜のコメントを投稿しています。

そもそもなぜ活動休止に陥ったのか

柴田英嗣さんの活動休止について、当初の発表では「レーシック手術後の合併症で体調不良のため」とされていました。
柴田英嗣さんは2007年12月にも急性肝炎で3ヶ月療養した過去があり、
その様子を心配する声も多くあがっていました。

しかし実際は病気による休業ではなく女性トラブルが原因の謹慎だったことが判明。

「嘘をついていた」という事実が重なり、更なるスキャンダル扱いとなります。

後に柴田英嗣さんによって語られた真実は

「柴田が別れた彼女と不倫して肉体関係を持った、

しかし別れた彼女は柴田の後輩と付き合っており、そのことが発覚し三角関係に、

さらにその別れた彼女は『柴田の嫁に1日30回近く脅迫めいたメールを送られた』と警察へ駆け込み大騒動に。

事情聴取の結果元カノの自作自演だった事が判明したものの、

不倫した事実が公になった結果柴田は2年間謹慎処分になった」

というもの。



スポンサードリンク

柴田英嗣さんは2005年に元奥さんとの結婚前の妊娠堕胎トラブルも報じられており(以下関係者談)、

「柴田といえば05年、妊娠した同棲恋人をポイ捨てしていたと『BUBKA』(白夜書房)に報じられました。内容も悲惨で、7年交際した後に妊娠が発覚するのですが、当時頻繁に喧嘩していたため柴田は彼女に堕胎をさせたというものです。しかし、懲りずにその後また同じ女性を妊娠させ、柴田は結婚間近になると『やっぱり結婚はできない』と言いだしたといい、その同棲相手の女性こそ、今回加藤との不倫が発覚した柴田の元妻だと報じられました。当時は、柴田の煮え切らない態度に怒った元嫁が、『BUBKA』にツーショットのプリクラ付きでリークしたといわれていました。」

引用:【https://biz-journal.jp/2016/06/post_15508.html

こうした度重なる柴田英嗣さんの女性トラブルには相方の山崎弘也さんも堪忍袋の緒が切れたようで、

さらに事務所の意向もあり、柴田英嗣さんは一時謹慎、山崎弘也さんは単独での営業を行うという、アンタッチャブルにとって苦境に立たされることとなります。

4年ほど前から柴田さんのメディア露出も増加し、「アンタッチャブル復活か」との声も多くあがっていました。

約10年の時を経て再び共演しネタを披露したアンタッチャブルにネット上でも歓喜の声があがっています。



スポンサードリンク

ネット上の反応



スポンサードリンク

Twitter



スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました