スポンサードリンク

【映画】劇場版名探偵コナン紺青の拳(フィスト)、感想について

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は名探偵コナンについて。

スポンサードリンク

とりあえず歴代のコナン映画は一通り目を通して、というか何度も見返す位にはコナン映画が好きなので今回も映画館で観てきました、「紺青の拳」。

良かった点や、ここは気になったなぁと感じた点をつらつら書いていきます。

ただ基本的にコナン映画は無条件で好きなものばかりなので、

今回は「気になったところ、またはマイナスポイント」を多めに挙げておきます。

ネタバレを含みますので注意されたし。

アクションシーン

まず肝心のアクションシーンですが、これは文句無しに熱いものでした。

肉弾戦主体の京極さんが映画のメインということもあり作画も気合が入っていましたね。

怪盗キッドに関しても、その怪盗っぷりが(これまでの劇場版作品の中でも)かなり具体的に描写されたのではないかと思います。

怪盗手段を細かく描写してくれればしてくれるほど説得力に繋がりますし、キッドの動きを看破する犯人の凄まじさも強調されるので。

京極さんの人外描写がかなり極まっていたのは設定通りといえば設定通りですが、

今回はそれに拍車がかかっていたように思います。

あんな赤いオーラみたいなの出してる奴が一般人に負けるワケねえ

ただこの辺りは、原作やアニメで「京極さんのずば抜け過ぎた強さ演出」を既に受け入れているかどうかによってかなり見方は変わってくるかなと。

映画が初見の方の場合はややリアリティが薄い「京極さんの強さ」描写に目が行き、「ああこれはそういうアニメ的な演出なんだ」と受け入れるまでに時間が掛かる人もいるかもしれません。

殺人事件

本筋の殺人事件についてですが、殺人犯が後半一気に小物化したのは少し残念。

登場当初はコナン君にすら危機感を抱かせた程の洞察力を有しているキレ者なので、

ここはもう少し厄介な敵として描いてあげても良かったかもしれません。

「自信過剰なキャラ」であることも明確になるのは後半。

つまり前半と後半でキャラの「底知れなさ」が異なってしまったために、

この犯人を追い詰める際のカタルシスが大きく削がれたのはやや厳しかったようにおもいます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました