スポンサードリンク

【日本は反対】ビロードカワウソの国際取引禁止へ【Twitter上の反応】

スポンサードリンク

ビロードカワウソの国際取引が禁止

スイス・ジュネーブで開催されている「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の締約国会議で8月25日、ビロードカワウソの取引を禁止する議案が採択されました。

ビロードカワウソとは

イタチ科ビロードカワウソ属に分類される食肉類。

スポンサードリンク

湖沼やマングローブ、海洋に生息しており、水場を求めて陸伝いに長距離を移動する事もあります。

動物食であり魚類なども食べており、

群れで獲物を包囲し追いつめてから捕えるのが特徴です。



スポンサードリンク

国際取引禁止に至った背景

ビロードカワウソの野生個体数は過去30年間で急激に減少しており、その減少率は30%以上とされています。

そのため環境保護団体らは今回の動きについて「種の保存のために不可欠」としています。

さらに環境保護団体は「インスタグラムなどで多数のフォロワーを持つインスタグラマーがビロードカワウソとセルフィーを撮影する行為の影響により、

ビロードカワウソが絶滅の危機に追いやられしまっている」と指摘しています。

なお今回の採択では102カ国が賛成する中、日本は反対の意思を示しています。

Twitterでの反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました