【被害を訴えても逮捕されないケースの有無】注意喚起!発覚しにくい盗撮(逆さ鳥)方法や場所とは【後日逮捕に至る期間は?】

ニュース

盗撮の危険性

さて、盗撮の件数は依然として多い状況。

これまでに発覚しているものもおそらく氷山の一角、

スポンサードリンク

実際に行われている盗撮の件数は非常に多いと考えられます。

しかしこの手の「盗む」類の犯罪は基本的に常習化します。

自分の欲望故、あるいは盗撮行為自体にスリルを感じ、

「辞めなければと思っているのに辞めれない」という状態に陥ってしまいます。

痛い目を見ないと止めることが出来ない、

気づけば逮捕された後だった、ということになってしまいかねません。

「あの時踏みとどまっておけば…」と思っても後の祭り、

「被害者が居る犯罪」であることをしっかりと自覚し、

そして自分の人生のためにも盗撮行為は絶対に辞めましょう。

というわけで今回はこのあたりで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました