【被害を訴えても逮捕されないケースの有無】注意喚起!発覚しにくい盗撮(逆さ鳥)方法や場所とは【後日逮捕に至る期間は?】

ニュース

防犯カメラ

まずは目撃証言や防犯カメラ。

盗撮している場面を本人または周りの人に見られ(あるいは感づかれ)、

スポンサードリンク

警察やお店に相談し防犯カメラを確認した、という所から捜査が始まるケースは少なくありません。

また後日盗撮したスマホ等から写真を消したとしても、「迷惑防止条例」にもある通り

スカートの中に機器をさし向けたりしている所が映っているとそれが重要な証拠となるケースもあります。

更に車のナンバーや駅で使用されるICカード等からも犯人の身元は特定されるようです。

中にはポイントカード等から特定される場合もあるようですね。

さて、逆に言えばこれらに全く該当しない場合には捕まる可能性は低くなってきます。

防犯カメラが設置されておらず、目撃証言もないとなると、

そもそも事件そのものが発覚しようがありませんし、

仮に発覚しても十分な証拠が集まりません。

◎盗撮犯の行動の特徴

さて、では次に盗撮犯が取りやすい行動について。

これは非常にわかりやすいので、特に女性の方は意識しておくと良いかもしれません。

①スカートを履いている女性の後ろをマークする

やはり狙われやすいのはスカートを履いている女性。

下の角度から撮りやすいエスカレーターや階段をはじめ、

書店や雑貨屋なども女性が利用することが多く、かつ商品に視線が集中するために盗撮犯が現れやすい環境です。

こうした場所でスカートを履いている女性の後ろを行ったり来たりしている人が居ると、狙っている可能性があります。

②特に用事があるわけではなさそうなものの、ウロウロと行動する

盗撮犯はスカートを履いている女性を探したり、あるいは標的となった女性の周囲から人が居なくなるのを待つためウロウロと行動することがあります。

そのため特に用事も無さそうなのに同じ場所をウロウロとしている人物は要注意。

盗撮できる機会を伺っているのかもしれません。

③スマホやカバン、紙袋を携帯している

スマホをスカートの下に突っ込み盗撮をする人が多く、そういった場合ではいつでも盗撮が出来るよう出来るだけスマホを手に持っているケースが多いようです。

バレやすいものの、手軽かつスピーディーに盗撮が出来ることから人気の盗撮方法と言えます。

また、バッグや紙袋等に撮影機器をしのばせているケースも多く、

スマホ同様にバッグや紙袋等を女性の足元近くに狙って置いたりすることもあります。

④足元が不自然

スマホだけでなく、靴にカメラを仕込むケースもあります。

そういう場合は女性の足元に自分の足を運ぶ機を伺っているため、

傍目から見てもかなり不自然な足元になっています。

⑤周囲を警戒している

盗撮犯にとって1番まずいのは盗撮している場面を誰かに目撃されてしまうこと。

そのためいざ盗撮をしようとする際には細心の注意を払います。

周りをチラチラと見回している人が居たら要注意といえます。

⑥単独で行動している

基本的に盗撮犯は単独行動です。

誰かと一緒に行動していては盗撮がバレるリスクがありますし、狙ったタイミング・狙った相手に盗撮を仕掛けようと行動に起こしづらいためですね。

とはいえ複数人グループでも油断は禁物です。あくまで盗撮犯に「多い」のは単独行動、というだけで。

発覚しにくい盗撮方法

さて、上記に挙げられるのがほとんどの盗撮犯の特徴。

しかし中には手練れた盗撮犯も存在します。

盗撮犯にとって狙い目であるエスカレーターやお店等で、

撮影機器を紙袋等に巧妙に隠すことはもちろん、怪しまれない行動を徹底してきます。

更に先ほども挙げた通り盗撮行為は犯罪の証拠が集まりにくいため、

①ICカードや車などの身元を特定され得るものを一切使わず身に着けず

②撮影機器を何かに潜ませ、

なおかつ盗撮場面を防犯カメラに撮られないようにし(あるいは盗撮行為に見えないようにし)、

③周囲からの視線を自分の体や遮蔽物等を利用してカットできれば

④後は挙動にさえ気をつければバレずに盗撮が出来てしまう

というのが実情です。

くれぐれもご注意を。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました