スポンサードリンク

【強さ、意味】殺菌・除菌・抗菌・滅菌の違いとは【定義について】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

殺菌・除菌・抗菌・滅菌…

スポンサードリンク

似たような言葉ですが厳密にはその意味は異なります。

ではそれぞれどのような意味を持つのでしょうか。見ていきます。

殺菌とは

「菌やウイルスを殺す、死滅させる」という意味を表します。

言葉通りの意味で非常にわかりやすいですね。

消毒薬や薬用石けんなど、医薬品等でのみ用いることができる言葉です。

一方で漂白剤や洗剤などの雑貨品で「殺菌」という言葉は使うことはできません。

除菌とは

「菌やウイルスを減少させる」という意味で用いられます。

殺菌と比べると菌やウイルスの除去する割合が下がり、こちらは洗剤や漂白剤などの雑貨品の表示にて用いられる言葉です。

抗菌とは

こちらは「菌の増殖を抑制する」という意味を表します。

「菌を減らす」意味で用いられる殺菌や除菌とは異なり、

「菌を増やさない」という意味で用いられるわけですね。

細菌が増殖できない銅や銀、チタンなどの化合物が埋め込まれた物に用いられる表現です。

滅菌とは

「物質中のすべての微生物を死滅または除去すること」という意味。

菌を含めたあらゆる微生物を0にする、という殺菌や除菌、抗菌と比べるとより強力な意味合いを持ちます。

「滅菌精製水」「滅菌ガーゼ」など、

私を含め医療関係者の方は特によく聞く言葉と言えるでしょう。

というわけで今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました