【広告】「収益化剥奪」の基準についての注意点【トレンドブログ】

インターネット

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はYouTubeにおける「収益化剥奪」の基準について。

YouTubeの収益化ポリシーに反したもの

スポンサードリンク

YouTube(あるいはブログ)における収益化が剥奪されるケースは基本的に収益化ポリシーに反したコンテンツである場合が多いです。

以下にその種類をまとめました。

※この記事はGoogleが示すプライバシーポリシーを自分なりに解釈し、実際に自分がコンテンツの違反となった体験を合わせて記事としているものです。

Googleのポリシー違反の基準が明確でない点もある以上予測の範疇を出ないことをご了承ください。

繰り返しの多いコンテンツ

似たような形式の動画を繰り返し投稿しているとこのポリシー違反に該当することとなり、最悪の場合チャンネル全体の収益化が無効になってしまいます。

特に機械音声での動画編集、いわゆる「ゆっくり実況」等がこれに該当しやすい、どの声もあがっています。

一方で特に統一性のないチャンネルでもこれを原因とする収益化停止も行われており、基準は定かではありません。

出来る限り動画のテーマや形式はバラけさせておくとこのポリシー違反に該当するリスクは低くなると考えられています。

性的なコンテンツ

これに関しては動画、というよりネットを利用する上での最低限のモラルといったところでしょうか。

過剰中肌の露出、ズボンやスカートを下ろす、下着の撮影などは軒並みこのポリシー違反に該当する恐れがあります。

とはいえ上述のとおり、性的な要素を全く含まないコンテンツであっても違反するケースもあり、

油断はできません。

私の場合はYouTubeでは無くブログですが、とある漫画関係の記事でこれに該当し記事内の広告制限がなされました。

性的なコンテンツどころか、それを想起させるワードを一切入れないようにしたにも関わらず、です。十分ご注意ください。

有害または危険なコンテンツ、嫌がらせやネットいじめ

具体的には嫌がらせ含む暴力行為や性的行為がこれに該当します。

炎上商法によるアクセス数稼ぎを狙っている炎上系、トレンド系のユーザー、またはお色気でアクセス数稼ぎを狙っているユーザーは特に要注意となるポリシー違反です。

この辺りは特に「社会一般的なモラルに反する」と思われるコンテンツは投稿しないのが賢明でしょう。

また誹謗中傷を伴うコンテンツや、特定の個人等を扱ったコンテンツの場合はアドセンス停止だけで無く、名誉毀損等の訴訟のリスクも伴うためやはり注意が必要です。



スポンサードリンク

ヘイトスピーチ

年齢、障がい、民族、国籍、人種、宗教、性別 /、性的指向などを取り扱ったテーマを投稿されている方は特に要注意なのがこのポリシー違反。

トレンド系のコンテンツや、社会風刺等を頻繁に行われている方はこれに該当する恐れがあります。

提供しているコンテンツの内容によってはそれらに該当しない、と判断されるケースもありますが、

収益化を停止されるリスクは十分にご理解ください。

スパム、欺瞞行為、詐欺

そしてこれらのポリシー違反に該当した場合も広告が制限される恐れがあります。

例えばコンテンツと全く関係ないタイトルで視聴者を釣ったり、

あるいは実際に詐欺を行う、あるいは詐欺を思わせるようなコンテンツの内容となっている場合、

これらに該当し広告が停止するリスクがあるということですね。

そのうえ犯罪行為を想起させるために取り締まりの対象にもなりかねないため、

ここは最優先で気をつけておきたいところ。

まとめ

以上がGoogleの広告が停止する恐れのあるポリシー違反です。

特に性的なコンテンツやトレンド系(流行のニュースを取り扱ったもの)に関しては、

広告が停止しているという話をよく聞きますね。あくまで私の見聞きする範疇で、ですが。

今後コンテンツを提供する上ではこれらに十分注意したうえで、いかにポリシー違反に該当することなく健全なコンテンツを提供できるか、

という点も重要となってきます。

改めてご注意ください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました