【対策は】甘え?「固定電話恐怖症」とは【コールセンター】

インターネット

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「固定電話恐怖症」について。

固定電話恐怖症とは

スポンサードリンク

固定電話恐怖症とは、会社などで仕事中にかかってきた電話に対し恐怖を感じる、ストレスを感じる状態のことです。

客や取引先からのクレームの応対など、電話の内容がネガティブなものであることが多いこと、

さらにはきちんと聞き取れない相手に何度も聞き返すことになったりなど、

仕事中の固定電話の中身や責任にストレスを感じる一因となっています。

その結果電話中以外も「いつかかってくるんだろう」「これからかけなきゃいけないのか」など不安を感じながら仕事に臨む方も多いようです。

原因は

仕事中に固定電話がかかってくることによってなぜ恐怖に感じるのか。

先ほど触れた通り電話の内容がネガティブなものであることもありますが、

ネットやスマホの発達によって固定電話を通じて会話することが少なくなった、ということも要因として挙げられています。

現在は便利なトークアプリの存在もあり、文字や通話アプリで連絡を取ることが非常に多くなりました。

知らない人からかかってきた固定電話の着信を取らないように、と親から教えられてきた結果もあり、

そうした「固定電話での応対」というコミュニケーション自体にストレスを無意識に感じる方も多いようです。



スポンサードリンク

直接会って会話を行うケースとは異なり、電話の応対は相手の顔色や身振り手振り等を確認できず、非言語的コミュニケーションが成り立たない状態です。
固定電話恐怖症を克服する1番の方法はやはり「固定電話での応対に慣れる」ということですが、
実際にはうまく応対が出来ずに上司に叱られることで更に億劫になっていく、という方もいます。

「仕事だから慣れないと」という声も

一方で「それも仕事の一部だし、固定電話の応対をやるとわかって入社してるんだから、気持ちはわかるけどやらないと」という方も。
仕事でありそれでお金を得ている以上は、仮に苦手なことでもやる必要がある、
という声も見られます。

その他ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました