スポンサードリンク

【#好きです韓国】なぜ?それぞれの意見と騒動の発端【#嫌いです韓国】

スポンサードリンク

#好きです韓国 #嫌いです韓国

騒動の発端

①従来から韓国側の輸出管理(キャッチオール規制)に不十分な点があり、不適切事案も複数発生していた

②日韓の意見交換を通して韓国が制度の改善に取り組み制度を適切に運用していくとの信頼があったが、近年は日本からの申し入れにもかかわらず、十分な意見交換の機会がなくなっていた

等の理由から日本政府は

輸出管理を簡略化する優遇対象国、いわゆる「ホワイト国(グループA)」から韓国を除外しました。

スポンサードリンク

この事に対して韓国政府は強く反発しており、不買運動や大規模デモなど反日運動が加速化しています。

ハッシュタグでの意思表明

こうした動きを受けてTwitter上では「#好きです韓国」と「#嫌いです韓国」というハッシュタグが流行。

以下にそれぞれのツイートをまとめます。



スポンサードリンク

「#好きです韓国」派の意見

まめちち on Twitter
“このタグ、正直使うのに抵抗があって。というのも、別に韓国が嫌いな訳ではなくて、加害者側でもある私たちがそんなに無邪気に「好き」を語って、友好を迫っていいものかと。そう思っていたところに後者のタグに関するツイートが流れてきてとても腑に落ちた。 #好きです韓国 #諦めないで_日韓交流”



スポンサードリンク

「#嫌いです韓国」派の意見

小谷 on Twitter
“#嫌いです韓国 ほとんど韓流アイドルとインスタやんけ 国交断絶しても泣くの若い女だけってマジやん”

Twitter / ?

Twitter / ?

どちらでもない派

上田躯 on Twitter
“そっち界隈の人たちは自分達がインターネットやSNS戦術得意だと思っているけど、こんなカウンター打たれてる時点で実際はそっち界隈の人達だけで盛り上がってて普通の人達は関心が無かっただけだってそろそろ気づくべき。 #嫌いです韓国 #好きです韓国”

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました