スポンサードリンク

【太る人へ】年末年始に太らない行動・方法【看護師が教える】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは、看護師の雨崎です。

今回は「年末年始に太る!」という方に向けての記事となります。

年末年始に太る原因

スポンサードリンク

クリスマスや大みそか、忘年会やお正月など、色々と食べる機会が多いため、

「気づいたら体重が…」という方は少なくありません。

ではそもそもどういった行動がまずいのか、「食事量」以外の因子をひとつひとつ見ていきます。

動かない

はい、まずはここ。

祝日や休日により会社や学校、スポーツジムなどがお休みになったことで「そういえば正月ほとんど家に居るわ…」という経験をされた方もおられるのではないでしょうか。

車による通勤以外の場合は、移動しているだけで相応のエネルギーが消費されているものなのですが、

年末年始は移動する機会が少なくなるために、それに比例してエネルギーを消費する機会も少なくなります。

食べる量は増えるのに体を動かす時間が減っては当然身体は絞れません。

解決策

ではどうすれば解決するのか?

初詣やお散歩をしたり、普段は行かない少し遠いお店に行ったりといった、積極的に身体を動かすものが挙げられます。

また「寒いから外に出たくない」という方は室内でお掃除をするだけでも意外とエネルギーは消費されます。

散歩や掃除のエネルギー消費は意外と侮れませんよ。早歩きにするとなお効率が良いです。

「いっぱい食べたからいっぱい動かなきゃ」と極端な目標を立てていては、普段運動習慣のない方は中々長続きはしません。

「今日はいつものお正月よりも少しだけ歩いてみるか」と、

達成可能かつ継続可能なものを目標に「いつもより少しだけ」の精神で活動量を増やしてしまいましょう。

では次へ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました