スポンサードリンク

【天皇陛下】「エンペラーウェザー」の意味とは【強そう?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です、

今回は

スポンサードリンク

エンペラーウェザーについて。

エンペラーウェザーとは

即位の礼をはじめ、天皇陛下が出席する式典などでは荒れていた天候に鮮やかな変化がもたらされ晴れることから、

「エンペラーウェザー」と呼ぶ声が上がっています。

エンペラーウェザーの言葉が生まれるきっかけとなったのは天皇陛下の祖父にあたる昭和天皇の「晴れ男」ぶり(以下参照)。

1928年の即位の礼では、前日は雨だったものの当日(11月10日)は晴れたり、

1964年の東京五輪では前日まで3日連続で雨が降っていたものの、出席した開会式(10月10日)では晴れたり、

1972年の札幌五輪でも前日は雪だったものの、開会式(2月3日)は晴れたり、

また訪欧(1971年)、訪米(1975年)の際にもその行く先々で天候に恵まれる、移動中にはその季節には珍しいオーロラを観測するなどから、

地方巡幸の際に「傘が必要だったことはめったにない」と話しているほど。

2019年の即位の礼でも前日から雨が降り続き一部進行にも影響があったものの、

即位礼正殿の儀が行われる13時が近づくにつれ都内では雨が急に弱まり、場所によっては虹が浮かぶほどに。

「エンペラーウェザー」を受けて、ネット上では色々な反応が出ています。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました