スポンサードリンク

【外食?クレーマー?】ホテル舞浜ユーラシアのアレルギー誤表記問題についてまとめ

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はホテルのアレルギー問題について。

アレルギー問題

スポンサードリンク

現在ネット上で話題となっているのがこの問題。

この問題はホテル舞浜ユーラシア内のレストランを訪れた方(以下A氏と表記)が、

アレルゲン表記を確認したうえでエビが入っていない中華丼を注文したところ、

中華丼の中からエビが出てきた上、

それが原因とみられるアナフィラキシー症状が発生するという事故が起きました。

さらにこの事故に対するレストラン側の対応についてもネット上で物議を醸しています。

対応

中華丼から海老が出てきた際に「アナフィラキシー症状が出る可能性がある」と伝えたところ、

支配人からは「中華丼には海老が3匹入っております」と返答を受け、

その後、A氏には実際に嘔吐や蕁麻疹などのアナフィラキシー症状が現れ、救急外来へ行くという事態に。

その後A氏がレストラン側に連絡を取ったところ、

自分の体調を気づかうような言葉はなく、また治療費の負担についても不透明なまま、

さらには自分の夫の分の飲食代も請求された、とのこと。

A氏が「この件について保健所に届けを出して良いか」と聞いたところ、

「ご勝手になさってください」との返事が返ってきたそうです。

レストラン側だけでなくホテル側にもこのことを連絡したものの、

「それはレストランの管轄になります」と返答がなされた様子。

A氏はこの一連の流れをTwitter上に投稿、レストランやホテルの対応が問題視され「炎上」することに。



スポンサードリンク

翌日、ホテル側は公式ホームページにて「メニュー誤表記に関するお詫びとお知らせ」を掲載、

アレルゲンの表記漏れのお詫び、使用している食材の管理などの見直し、メニューにおけるアレルゲン表記の中止などを発表しました。

その後、A氏は保健所へ連絡した旨や、ホテル側から謝罪を受けた旨を明らかにしています。

ネット上の反応

今回の件を受けて、ネット上ではさまざまな声があがっています。



スポンサードリンク

一方で、今回のA氏の行動を批判するユーザーの姿も一部見受けられます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました