スポンサードリンク

【外界と接触せず】「終末」を待つ親子7人発見【オランダ】

スポンサードリンク

「終末」を待つ親子7人発見

警察はオランダ北部ドレンテ州の村ライナーボルト近郊で、父親とみられる男性とその18~25歳の子ども6人を発見しました。

親子は9年間にわたって地下で「終末」を待ち続けていたということです。

スポンサードリンク

息子のうちの1人が混乱した状態で近所のパブを訪れ、ビールを5杯飲んだ後、

過去9年間にわたり家の外に出たことがなかったと告白して助けを求めたことでこの件が発覚しました。

親子は「『終末』を待ちながら数年間にわたって地下で暮らしていた」と発表しており、

更に一家の中には「ほかに人々が存在することをまったく知らなかった」人もいたとされています。

一家は外界とまったく接触せず、菜園とヤギ1匹を持ち完全に自給自足の生活を送っており、

近所の人々は家族の存在を把握しておらず、農家に住んでいたのは男性1人のみだと思っていたと語っています。



スポンサードリンク

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました