スポンサードリンク

【変わると】台風と温帯低気圧と熱帯低気圧の違いについて

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は天気について。

台風、温帯低気圧、熱帯低気圧の違い

スポンサードリンク

さてニュースなどでよく聞く台風や温帯低気圧、熱帯低気圧などの言葉。

しかしこれらの違いは正確に説明しづらいように感じます。

ではそれらの違いについて見ていきましょう。

熱帯低気圧

熱帯低気圧とは、亜熱帯や熱帯で海から大量の水蒸気が上昇することにより暖かい空気が渦を巻いて

出来あがった低気圧のことです。

台風

そしてこの熱帯低気圧が発達して風速が 17.2m/sを超えると台風と呼び名が変わります。

つまり台風と熱帯低気圧の違いとは風速であり、それにより呼び名が変わるわけですね。

風速が17.2m/sを下回ると台風ではなく熱帯低気圧として取り扱われるようになります。

ちなみに

冷たい空気と暖かい空気がぶつかる場所を前線といいますが、熱帯低気圧や台風は暖かい空気だけで出来ているため前線が出来ません。



スポンサードリンク

温帯低気圧

さて温帯低気圧は、北側の冷たい空気と南側の暖かい空気が混ざりあおうとして空気が渦を巻くことにより出来ます。

暖かい空気が集まり形成される台風や熱帯低気圧とは異なり、

冷たい空気と暖かい空気がぶつかりあうために前線も形成されます。

また温帯低気圧が発達し風速が17.2m/sを超えたとしても台風とは呼びません。

ちなみに

寒冷前線(冷たい空気が暖かい空気に追いついている場所)と温暖前線(暖かい空気が冷たい空気に追いついている場所)が出来ます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました