スポンサードリンク

【増えない場合】ブログのアクセス数を増やすには【収入や記事数】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

 

今回はブログをされている皆さんへの記事。

スポンサードリンク

ブログを書いていて、中には「アクセス数が増えない…」という方もおられると思います。

そこで今回私なりのアクセス数の増やし方を記載しておきます。

まあ私も「めちゃくちゃ多いぞ」と言えるほどではありませんが、

個人ブログのアクセス数で言えばかなり上位ではあると思います。

実際Googleアドセンスの収入だけで生活費が賄える位と考えていただけるとわかりやすいかと思います。

(メインの収入源にするには足りませんけどね)

さて現在「アクセス数を増やすために」系の記事を読んでも似たり寄ったりの事しか書いていません。

正直役に立たない。

ので私が書くことにしました。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

では1つ目。

 

「自分」に関する記事に重きを置かない

まあハッキリ言ってしまうと「日記系のブログは伸びないぞ」ということです。

「自分は今日お買い物をしたよ!楽しかったぁ!」的な記事は芸能人等であればともかく、

我々のような一般人の日常的な記事に興味を示してくれる人はまずいないと思います。

YouTubeであれば顔や声を出しているため人気が出る可能性も無いことは無いかもしれませんが、

ブログというのはつまり文面、もっと言えば内容のみの勝負。

例えばこの記事を読んでいる皆さんも「アクセス数が伸びるための方法」に興味はあっても「それを書いている私」に興味を抱く方は本当に一握りでしょう。

もちろん日記系の記事は書いていて楽しいのは確かですしそれによって読者を獲得することもあるかもしれませんが、

「アクセス数を増やす」事とは相性が良いとはとても言えません。

 

定期的に投稿する

はい、早い話が「あんまり投稿間隔を空けるなよ」ということです。

アクセス数が不安定な状態では週に3〜4記事は投稿しておきたいところ。

「このサイト、面白いからブックマークしてたけどあんまり更新しないなぁ…」とブックマークを外してしまった事、皆さんも一度はないでしょうか。

これはもったいないですね。

また投稿頻度を増やすことは「読者離れ」を防くだけでなく、単純に投稿記事が増えることで「読者の獲得」にも繋がります。

ちなみに私の場合は記事を作成するのが大好きなので既に2ヶ月先まで投稿する分の記事を書き切っています。

まあ私の場合は多すぎですが、

皆さんも余裕を持って書ける内に10記事程度書き貯めておき、予約投稿していくのがよろしいかと思います。

では次。

自分の強みで勝負する

ここは非常に大きいポイント。

自分の得意とするジャンルで勝負しましょう。

例えば私が得意としているジャンルは


・医療知識や国家試験関連(実際に私自身が国家資格を獲得した経験に基づきます)

・お笑い芸人やコンテスト(お笑い芸人のネタやコンテストを分析するのが好きなため)

・漫画やゲーム(元々ゲームが得意なため。これも経験に基づきます)


以上の3点。

そして私のブログでもアクセス数が伸びやすいのは上記の3点。

ここに関しては単純に「自分が好きなジャンルは筆が乗りやすい」ことと、「それが読者にも伝わる」ことが大きなポイントであると考えます。

1つのジャンルに対するこだわりが強ければ強いほど、それに興味を持つ人たちをひきこみやすいですからね。

一方で「ああ、そんなに興味ないんだろうけどアクセス稼ぎのためにとりあえず書いてるんだろうな」と感じてしまうようなブログ、ご覧になったことはないでしょうか。

まあ正直私もそういった記事はいくつか投稿した事がありますが、

まあ伸びません。

なんせ「それ」に対する興味が無いので文章も乗りませんし無難かつ二番煎じになりがち、

文章が乗っていないことが読者にも伝わるため「他の記事も読もう」という思いを抱かせることもない、

まさしく記事数の肥やしにしかなっていないわけですね。

出来る限り自分の「強み」であるジャンルで勝負することが結果としてアクセス数の増加にも繋がります。

では次。

読者の興味をひくタイトルを付ける

ここも重要。

どんなに自信のある記事を投稿してもタイトルが難解であったりつまらなさそうなものでは勿体ありません。

例えば私はこれから「試験勉強」について記事を作成するとします。

さて良い記事が書けたは良いもののタイトルが思いつきません。

ではどうすべきか。

GoogleやTwitterの検索の欄に「試験勉強」と打ち込むと「試験勉強 難しい」「試験勉強 効率的」など、サジェストが出ますよね。

これらを記事のタイトルに丸々使いましょう。


【難しい問題】試験勉強の効率的な取り組み方について


という具合ですね。

それっぽくなったでしょう。

タイトルに含まれる単語は検索からの流入に大きく関わります。

出来るだけわかりやすく、それでいて興味をひきやすいワードを盛り込むようにしておきましょう。

誰もやっていない事をテーマに

さあここが最重要。

例えばまとめサイト等でも何かニュースがあると出来るだけ早くそれに関する記事を投稿していますよね。

他に誰も投稿していない記事であれば、そのテーマに関するアクセスを集中して稼ぐことが出来るためです。

もちろんニュースに限らず、例えばソシャゲに強力なキャラクターが実装された場合にそのキャラに関する記事をいち早く投稿したり、

あるいはその季節のイベントについてなど、

「タイムリーな記事」であればあるほどアクセスを集めやすいといえます。


さて大まかにはこんなところでしょうか。

今後も「これが重要である」と判断した要素については随時追加していきたいと思います。

というわけで今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました