スポンサードリンク

【報復】トランプ米大統領、イランに対し52カ所攻撃を示唆【米国人攻撃】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はトランプ大統領の動向について。

報復

スポンサードリンク

トランプ米大統領は1月4日、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害した米軍の空爆に対し、イランで報復の声が上がっていることを踏まえて、

イランが米国人や米国の財産に攻撃を仕掛けた場合に

「米側は報復としてイランの52カ所(1979年にイランで起きた米大使館占拠事件で人質になった米国人の数)を標的にする」とツイッターに投稿しました。

「イランおよびイラン文化にとって極めて高位かつ重要なもの」が標的に含まれ、攻撃が「非常に素早く激しい」ものになると予告しています。

ネット上の反応

まりも on Twitter
“イラン革命防衛隊の司令官は確かにテロリストなのかもしれないが、いきなり爆殺するやり方と、報復された場合はイラン🇮🇷文化にとって重要な場所を攻撃するというのはおかしいよね。何をしてくるかよめないというよりどんな事でもしてくる恐さがある。”

スポンサードリンク

コメント